なぜ予防歯科・定期検診が大切なのかpreventive

定期検診の受診率と80歳の歯の本数の関係

日本ではまだ「予防のために歯科を受診する」という方はそれほど多くありません。しかし世界を見わたすと、スウェーデンやアメリカなどの欧米諸国では国民の80~90%もの方が歯科の定期検診を受診しています。

定期検診の受診率と80歳の歯の本数の関係

このような予防に対する意識の違いは、80歳で残っている歯の本数にも大きな影響を与えています。たとえば、国民の約9割が予防を目的に定期的に歯科を受診するスウェーデンの80歳時点における平均残存歯数は『25本』。対する日本は『12本』とその半分にしかすぎません。

生涯に1本でも多く自分の歯を残すためには、まず「むし歯や歯周病にならないこと」が一番の近道です。そのためにもお口の中に何か問題が生じるまえに、定期的な歯や歯ぐきのチェック・クリーニングを習慣づけていきましょう。

年をとってから後悔しないために

体の抵抗力がじゅうぶんな若い年代はお口のトラブルも起こりにくく、またむし歯や歯周病の治りも早いものです。だからといってこの時期に油断していると、そのしわ寄せは50代、60代を過ぎて突然おそいかかってきます。

年をとってから後悔しないために

また高齢化が進む近年においては、年をとっても介護や医療を必要とせず、毎日を健康的に過ごす『健康寿命』に注目が集まっています。この健康寿命と歯の健康には深い関わりがあり、自分の歯でしっかり噛める人ほど心身が健康的で、生活の質も高いことがわかっています。

年をとってから後悔しないためにも若い時期からお口の健康に関心を持ち、むし歯・歯周病の予防につとめていきましょう。

当院の予防歯科について

おひとりおひとりに最適な予防プランをご提案

おひとりおひとりに最適な予防プランをご提案

当院では患者様のご年齢やお口の状態、ライフスタイルにあわせて、おひとりおひとりに最適な予防プランをご提案していきます。お口の健康に関するご相談や、ご家庭でのケアについてのお悩みなど、何でもお気軽にスタッフまでおたずねください。

当院の予防歯科メニュー
ブラッシング指導

歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスの選び方・使い方から、患者様のご年齢や歯並びに応じたブラッシング法まで、プロの歯科衛生士が丁寧に指導いたします。

歯のクリーニング(スケーリング・PMTC)

ご家庭でのケアでは落とせないプラークや歯石などの汚れを、専用の機器を使ってすみずみまで取り除いていきます。

普段の歯みがきでは落とせない汚れ
歯石

だ液の成分によってプラークが石のように固まったものです。ザラザラとした表面に細菌がつきやすく、むし歯や歯周病の原因になります。

歯周ポケット内の汚れ

歯周ポケットは、歯と歯ぐきの間にある小さなすき間です。このようなせまいすき間には歯ブラシが届かず、残った細菌が歯周病を悪化させる原因になります。

バイオフィルム

お口の中に無数にいる細菌たちは、『バイオフィルム』という薄い膜の中に集まって生息しています。バイオフィルムを歯ブラシで落とすのは難しく、定期的に専門のクリーニングが必要です。

フッ素塗布

フッ素には歯を丈夫にしてむし歯になりにくくするほか、歯の表面を修復する『再石灰化』をうながす効果があります。ご家庭でのフッ素配合歯磨き剤とあわせて、歯科でのフッ素塗布を定期的におこなうと、さらにむし歯の予防効果が高められます。