レーザー治療についてlaser

レーザー治療について

レーザー治療は医療のさまざまな分野で活用されていますが、当院ではそれを歯科治療用に改良した『歯科用レーザー』を導入しています。レーザーには患部を殺菌したり、痛みをやわらげたりするほか、傷の治りを早める効果などがあります。

レーザー治療の特長
  • 痛みが少なく、麻酔なしで治療できるケースもある
  • 殺菌効果が高い
  • 傷を早く治す
  • 止血効果がある
  • 治療中に不快音がない
  • 安全性が高く、お子さまや妊婦の方にも使用できる

レーザー治療でできること

  • レーザー治療でできること
  • レーザー治療でできること
むし歯・根管治療

むし歯や根管の治療で病変(感染物質)を取り除いたあと、殺菌効果の高いレーザーを照射すると細菌の取り残しや再感染を防ぐことができます。

歯周病治療

病状が進行して歯周ポケットが深くなると、従来の方法ではプラークや歯石を取り残しやすく、それがさらに歯周病を悪化させる原因になってしまます。そこで器具が届きにくいポケット内にレーザーを照射すると、強い殺菌効果によって進行をくいとめることができます。

知覚過敏の治療

むし歯以外で歯がしみる知覚過敏の治療にもレーザーが使用できます。患部にレーザーを照射すると外部からの刺激が歯の内部に伝わりにくくなるため、しみる症状がやわらぎます。

口内炎の治療

長引く口内炎には患部の痛みをやわらげ、さらに傷の治りを早める効果のあるレーザー治療がおすすめです。口内炎にレーザーを照射すると、その日のうちに症状が軽くなり、治りも早くなります。

外科治療

殺菌や止血、鎮痛効果が高いレーザーを使った外科治療は、術中の出血もおさえられるほか、術後に痛みが出たり、患部が腫れたりすることも少なくなります。また術後の患部にレーザーを照射しておくと、傷口が早く治ります。