• ホーム  >  
  • 審美治療・ホワイトニング

口元をより美しく、健康的に ―審美治療―esthetic

“美しさ”と“機能性”を追求する

審美治療ではむし歯・歯周病の治療や機能の回復にくわえ、歯の色や形、噛みやすさや使いやすさなどをさらに追及し、よりよいお口の環境を整えていきます。

“美しさ”と“機能性”を追求する

また審美治療で使用する材質は長く使用しても変形や劣化をおこしにくいため、治療後も長期にわたって安定したお口の状態を維持できます。さらに金属を使わない『メタルフリー治療』もおこなえるため、金属アレルギーがご心配な方にもおすすめです。

このようなお悩み・ご希望のある方はぜひご相談ください
  • 口を開けたときに、銀歯が目立つのが気になる
  • 歯の形がバラバラで、口元に自信がもてない
  • 以前治療した詰めものや被せものが変色している
  • 金属アレルギーがある
  • 治療後も長持ちする材質を選びたいなど

当院が取り扱う材質について

当院では患者様のお口の状態やご要望にあわせて、以下のような材質を用いた詰めもの(インレー)・被せもの(クラウン)をご用意しております。

オールセラミックインレー・クラウン

100%セラミックでつくられた詰めもの・被せものです。天然歯とかわらない色調や透明感が再現できます。また金属を使用しないため、アレルギーの心配もありません。

メリット デメリット
  • 白くて透明感があり、天然歯とかわらない質感が再現できる
  • プラークがつきにくく、むし歯になりにくい
  • 変色や変形がない
  • 金属アレルギーの方にも使用できる
  • 噛み合わせの強い部位には使用できない場合がある
  • 天然歯よりも硬いため、噛み合わせる歯を傷つけるおそれがある
ジルコニアインレー・クラウン

セラミックよりもさらに硬いジルコニアでつくられた詰めもの・被せものです。奥歯など噛み合わせの強い部位にも使用できます。天然歯と同様の白さがあり、見た目にも優れています。

メリット デメリット
  • 天然歯と同様の色調をもつ
  • プラークがつきにくく、むし歯になりにくい
  • 変色や変形がない
  • 硬いのでしっかり噛める
  • 金属アレルギーの方にも使用できる
  • 天然歯よりも硬いため、噛み合わせる歯を傷つけるおそれがある
メタルセラミッククラウン

被せものの表側にセラミック、裏側に金属を使用します。セラミックの強度がおぎなわれるため、噛み合わせの強い奥歯にも使用できます。

メリット デメリット
  • 天然歯のように白い
  • 丈夫なので噛み合わせの強い部位(奥歯)にも使用できる
  • 光を通さないため、透明感に劣る
  • 金属アレルギーの方には使用できない
ハイブリッドセラミックインレー・クラウン

セラミックにプラスチックを混ぜた材質でつくられた詰めもの・被せものです。セラミックよりも柔らかいため、噛み合わせる歯に対するダメージが少なくなります。

メリット デメリット
  • 天然歯のように白い
  • 適度な柔らかさがあり、他の歯を傷つける心配がない
  • セラミックやジルコニアよりも安い
  • 強度にやや劣るため、噛み合わせによっては使用できない場合がある
  • オールセラミックよりも見た目が劣る
  • 長く使用するうちに、多少の変形や変色がおこる
ゴールドインレー・クラウン

金属の中でも非常に安定性がよく、温度変化や化学変化にも強いゴールド(金)でつくられた詰めもの・被せものです。なめらかで歯とのなじみもよく、むし歯になりにくいのが特長です。

メリット デメリット
  • 丈夫で割れにくい
  • さびや変色をおこさない
  • 適度な柔らかさがあり、周囲の歯を傷つける心配がない
  • むし歯になりにくい
  • 入れる部位によっては金属色が目立つ(見た目に劣る)

黄ばんだ歯に白さと輝きをとりもどす -ホワイトニングーesthetic

ホワイトニングとは

ホワイトニングは食べ物による着色や加齢などによって黄ばんだ歯を、専用のホワイトニング剤を使って白くする治療法です。ご自身の歯を一切削らずに、白さと輝きをとりもどしていきます。

ホワイトニングとは

クリーニングとホワイトニングはどうちがう?

クリーニングは歯の表面についた着色汚れを落とし、その歯本来の色へと戻していきますが、歯の内側にまでしみこんだ黄ばみまでは落とせません。

一方のホワイトニングはホワイトニング剤が歯の内部にまで浸透し、着色汚れを漂白・分解していきます。クリーニングをしても歯の黄ばみが気になる方には、ホワイトニング治療がおすすめです。

当院のホワイトニング

患者様のご要望やライフスタイルに応じて、『オフィスホワイトニング』『ホームホワイトニング』の2種類の方法からお選びいただけます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

院内で歯科医師または歯科衛生士が専用の機器を使用してホワイトニングをおこないます。1回の施術にかかる時間は60~90分程度で、効果を早く実感できるのが特長です。

メリット デメリット
  • 効果に即効性があり、数回の施術で歯を白くできる
  • プロにおまかせなので、自身の手間がかからな い
  • 通院する必要がある
  • 後戻りしやすい
このような方にオフィスホワイトニングはおすすめです
  • 短期間・短時間で歯を白くしたい
  • 入学式や卒業式、結婚式など、大切なイベントを間近にひかえている
  • 自分で手間をかけたくない
ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

院内で患者様専用のマウストレーを作製し、ホワイトニング剤と一緒にお渡しします。それらをお持ち帰りいただき、ご自宅でホワイトニングをおこなっていただきます。通院の必要がなく、白さが長持ちしやすいのが特長です。

メリット デメリット
  • 好きな時間、好きな場所でホワイトニングできる
  • 通院の手間がない(トレー作製時は通院が必要)
  • 後戻りが少なく、白さを長くキープできる
  • 効果がでるまで時間がかかる(3ヶ月~半年)
  • マウストレーの装着・管理を自身でおこなう必要がある
このような方にホームホワイトニングはおすすめです
  • 自分のペースでホワイトニングをしたい
  • 通院する時間がない
  • 歯の白さを長く維持していきたい